全農健康保険組合

全農健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各種検診

契約先ドック・契約先PET検診機関の場合の手続き
注意:ご自身で予約後、所属事業所への連絡が必要です。

自己負担分を利用当日、窓口でお支払いください。
残額は補助金として健保が契約先機関へ支払います。
契約外の検査は、償還払いになります。

検診機関・料金

利用の申込

  1. STEP1予約:受診者が直接、契約先検診機関へ予約してください。
    予約時に保険証を準備のうえ、「全農健康保険組合」の組合員であることをお伝えください。
    (参考:「契約先ドック一覧表」、「契約先ドック料金一覧表」)
  2. STEP2連絡予約後、所属事業所(総務・人事担当者)へ検診機関名と検診日を連絡してください。
    任意継続被保険者は、直接当組合へご連絡ください。
  3. STEP3利用券:JA長野厚生連 PET・画像診断センターのみ、利用券が必要となります。
    所属事業所から発行します。
  4. STEP4案内:検診日確定後、契約先検診機関より受診者へ、ご案内が送付されます。
  5. STEP5手続き:事後の手続きは特にありません。

契約先検診機関以外で受診した場合の手続き(償還払いになります)

  • ※契約先であっても、契約外の検査を受診した場合は、こちらの手続きとなります。
必要書類 書式 記入例
①被保険者本人用:各種検診 利用費用補助金請求書 記入例
②40歳以上被扶養配偶者用:人間ドック検診 利用費用補助金請求書+質問票 記入例
③40歳以上被扶養配偶者用:各種検診 利用費用補助金請求書(人間ドック以外) 記入例
④40歳未満被扶養配偶者用:各種検診 利用費用補助金請求書 記入例
⑤任意継続被保険者本人用:各種検診 利用費用補助金請求書+質問票 記入例
⑥任意継続被扶養配偶者用:各種検診 利用費用補助金請求書+質問票 記入例
⑦配偶者健康診断 利用費用補助金請求書 記入例
【添付書類】
  • 受診者名義の、各種検診項目ごとに検診費用が表示してある「領収書(原本)」
  • 40歳以上の被扶養配偶者ならびに任意継続被保険者が人間ドックを受診した場合は、「質問票」と別途「検診結果(写)」も必要です。
対象期間 4月から翌年3月受診までとし、1年に1回補助する。
請求締切 年度の最終締切りは、翌年度の4月末までに健保必着とする。
(任意継続被保険者の方以外は、事業所経由での提出となりますので、ご注意ください。5月以降は、受付できません。
提出先 所属事業所(総務・人事担当者)
任意継続被保険者は当組合
補助金
支給方法
毎月15日までに健保へ提出された請求を、翌月に所属事業所を経由して支給する。 任意継続被保険者へは、健保より直接支給する。

ページ先頭へ戻る